初心者のための防犯情報サイト

当サイトではドアの鍵についての様々なお得な情報を紹介します。
まずはじめにキー取り替える一連の流れを紹介し、マンションキーのシリンダーの取り替え方法などについてのマメ知識と、万が一キーを紛失したとき、賃貸物件ならば交換費用を請求されるので、その場合の対処方法や取り替え業者に依頼するときの注意点も少しふれます。
最後に取り替え業者のランキングの決定の仕方も掲載しますので、読んでいくとキーの様々な知識を自然と吸収することができます。

ドアの鍵交換の流れ

ドアの鍵交換の流れ ここではドアの鍵の交換についてのお役立ち情報を紹介します。
鍵は本体とシリンダー側に分かれます。
壊れやすいのはシリンダー側です。
鍵の交換の流れは、まず自分で行うか業者に依頼するかで分かれます。
自分でする場合は現在のキーの型式と同じタイプのものを一式購入して交換します。
ネットでも方法は記載していますが、確実なのは業者に依頼する方法です。
事前に型式を確認して業者に連絡すれば無料で費用の見積もりをしてくれます。
少しでも費用を安く抑えたいのであれば複数の業者から見積もりを取って比較しましょう。
またサイズが合えば複製されにくいテンプルキーに更新してセキュリティー機能を向上させることも可能です。
自宅を窃盗から守るためにもしっかりしたものを取り付けましょう。

玄関ドアの鍵を交換し、不法侵入の対策をしよう

玄関ドアの鍵を交換し、不法侵入の対策をしよう 民家を狙った不法侵入の事案は今日でも減っていません。
数々の犯罪が軒並み減ってきている中、空き巣の犯罪はむしろ減っておらず、今まではあまりターゲットにされていなかった一般的なアパートや一戸建てなども執拗に、悪い人々に狙われ始めています。
親や祖父の代に建てられた住まいの場合、ドアの鍵がとても古い物でしょう。
旧式の物は素人でも半ば強引に開けられてしまいます。
また空き巣のプロに掛かれば数十秒で解錠されるため、防犯力は低いです。
住まいの鍵を新しい物に交換する事で、不法侵入の事案を未然に防げます。
防犯対策は公共施設だけではなく、普通の民家にも必須です。
金庫の現金や大事な土地の権利書や預金通帳が盗難被害にあれば、家計は大ピンチになるでしょう。
玄関や裏口などは悪者に悪用される侵入経路です。
ここは優先的にドアの鍵を交換しておきたいところです。
費用は当然必要ですが、民家向けの交換サービスであれば比較的リーズナブルとなります。
普通の新型に取りかえる程度なら、一万円から二万円程度で済みます。
複数の鍵穴を取り付ける場合は三万円から四万円程度の費用が必要です。
防犯対策の費用としては安価であり、激安の専門業者に依頼すれば、更に安くなる可能性があります。

鍵の交換に関する情報リンク

鍵 交換 玄関